中之条産業近代史

アパートの四畳半で
おふくろが変なことを始めた
おまえもやっと職につけたし三十年ぶりに蚕を飼うよ
それから青菜を刻んで笊
(ざる)に入れた
桑がないからね
だけど卵はとっておいたのだよ
おまえが生まれた年の晩秋蚕だよ
行李の底から砂粒のようなものをとりだして笊に入れ
その前に座りこんだ

​(以下 略)

毒虫飼育
​1959年

黒田喜夫

四畳半部屋で、老母が蚕を飼おうとする。

そのきっかけは、息子が就職したから、という。

つまり自分の楽しみのために飼う。

​老母は卵が孵化するのを本当に楽しみにしている。

黒田喜夫(くろだきお)(1926-1928)は、共産党に入党しその後、党批判をして除名された。